おもしろかった!を伝えたい。読書感想・書評ブログ

実際に読んでおもしろかった本を紹介しています。

迷うことも強さへの道!「迷いながら、強くなる/羽生善治」

迷いながら、強くなる/羽生善治

f:id:superbook:20170106153849j:plain

 

突然ですが、わたし今、将棋にハマっています。

きっかけは先日見たテレビ。
A-Studioという番組の中で、新喜劇の小薮千豊さんが自身のお母さんについて語っていたました。

それは小薮さんが子供の頃。普段はおもちゃなどほとんど買ってもらえなかったそうですが、ある日突然お母さんにおもちゃ屋へ連れられ、将棋の盤と駒を買い与えられたそうです。
急にしかもなぜ将棋?と思い、小薮少年がその理由をお母さんに尋ねるとこんなエピソードを話してくれたそうです。

小薮さんのお母さんが会社に勤めていた頃、ある2人の男性社員がいたそうです。2人は同期。一方は良い大学出の真面目くんで、一方は遅刻などもする遊び人くん。他の女性社員はきっと真面目君が出世するだろうと思っていました。

ところが、月日が経ち出世したのは遊び人くんの方。どうやらマージャンやゴルフなどを通じて上司達に気に入られていたそうです。それを見た小薮さんのお母さんは「これが男の世界なんやな。将棋・マージャン・ゴルフはできた方がいい」と思ったそうです。それで子供のうちから始められる将棋を与えたのだと。

実際に小薮さんも将棋をきっかけに新喜劇の先輩方と交流を持ちはじめたそうです。
もちろんご本人の努力もあって今の小薮さんがあるのですが、お母さんの教えはその扉を開くきっかけに見事になったようです!すばらしいですね!

わたしも常々、子供にできるだけ多くの物・事・人に触れさせてあげたいと考えていますが、将棋もかならず教えてあげたいと思いました。

 

前置きがかなり長くなってしまいました!

そんな訳で将棋にハマっている私が、プロの棋士はどんな思考でいるのだろうと興味を持ち手にとった本です。
羽生さんが将棋を始めたきっかけは、近所にたまたま将棋を打つ場所があったからだとありました。やはり幼少期にどんな環境にいるか、何に出会うかということが後の人生に大きな影響を与えるのですね。

わたしも息子に多くの環境やきっかけを与えてあげたいと思います。
あと本は絶対読む子になって欲しいなぁ!

 

↓この記事がよかったらクリックしていただけると嬉しいです。励みになります!

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

迷いながら、強くなる [ 羽生善治 ]

価格:626円
(2017/1/9 00:06時点)
感想(0件)

子育て中でも自分の生き方も大切にしたい「子育てママの起業の仕方教えます。/井上幸子」

子育てママの起業の仕方教えます。/井上幸子

f:id:superbook:20170106161008j:plain

久しぶりの投稿となりました。
明けましておめでとうございます。
2017年も年間100冊読破を目指して頑張ります!

さて、去るクリスマス。
息子がのど風邪をひき当番医に行ったところ、たくさんの親子が順番を待っていました。
特に人気の小児科だったたからか、受診できるまでなんと2時間!
病院側の配慮で車の中で待たせてもらえたため、息子は爆睡。私もこの本を読んだりぼーっと外を眺めながら時間を過ごすことができました。

他の車が出入りするのを見ていると、小雨で凍えるような寒さの中、子供を抱いて受付に走るおかあさん・おとうさん方。みんな必死に子育てしているんだなぁと胸が熱くなりました。

私が住んでいる地域はある程度子育てに寛容な環境ですが、やはり子を持って働くことの難しさを痛感しています。
「働きたくても、働けない。」
この言葉に尽きると思います。

しかしながら!嘆いていても仕方がない!
仕事、自分でつくっちゃえ〜〜〜〜!!!!
と、頑張って一歩踏み出したママさん方がいるのも事実。

この本には井上さんのお話だけではなく、起業したママさん方の経験談も載っていて、とっても勇気づけられました。

 

私はいつも子育てをしながら思うのですが、お母さん(もしくはお父さんな家庭もあるかもしれない)は子供という大切な命を預かるのだから、何より子供のことを優先して当然だと思うのですが、やはりお母さん自身も大切にされなければ、余裕のある心で子供に向き合えなくなると考えています。

ある大人気の保育園の先生がおっしゃっていました。
「自分も大切にされなければ、相手のことも大切にできない」と。
今保育士不足や過小な待遇が問題になっていますが、この園では園児同様、働くスタッフみんなもとても大切にされているそうです。
それはひいては保育環境が良くなり、子供も喜び、親御さん達も安心して働き、社会の生産性が上がり、好循環が産まれるのだと思います。

(個人的な意見として、わたしは保育士さんの待遇はもっと良くするべきと思います!あの労力と責任に対して、お給料安過ぎ!保育は単なる子守りじゃないし、何よりこれからを担う日本の宝を育ててくれているのだから!)

 

話が少し逸れてしまいましたが、お母さん達も子供のことだけでなく、自分自身のやりたいことが少しでも出来ればいいなと思います。自分の将来、自分の目標。自分の時間、自分の世界を持って、より豊かな心で子供を包んであげられたらいいなと思います。
そんな社会をつくっていくのは私たち自身。
私も自分の人生を楽しみながら、最高の笑顔で子供に向き合いたいと思います!

 

↓この記事がよかったらクリックしていただけると嬉しいです。励みになります!

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

子育てママの「起業」の仕方教えます。 [ 井上 幸子 ]

価格:1,404円
(2017/1/9 00:17時点)
感想(0件)

子育てのしんどさを軽減「男の子ママの悩みをぶっとばす言葉/須藤暁子」

男の子ママの悩みをぶっとばす言葉/須藤暁子

f:id:superbook:20161122000526j:plain

日曜日。主人に子どもをみててもらい、スーパーへ買い出しに。
その前にちょっとだけ本屋さんに立ち寄った。
本当は他の小説を探しにいったのだけど、この本を見かけて即購入。
もう立ち読みの段階から笑い&涙で、店を出る頃にはすでに清々しさがあった。

 

日本中の「男の子ママ」。心中お察しいたします。
うちも2歳のBOYがいるけど、ほんっっっと大変!笑
元気なのは良いことだけど、やんちゃすぎて手におえない!


危ない・汚い・うるさいが大好き!
今「走るな」と注意したばかりなのに、0.0005秒後にはダーっと手を振りほどいていく。
なんでそんなの持ってくるの!
なんでそこ登るの!!
なんでそれ言うの!!!!のオンパレード。
もう…完全に理解不能です。

だけど、だけど、だけど。
かわいいんです、男の子♡笑

時々、悩むし疲れるし落ち込む時もあるんだけど、それを一瞬でひっくり返すほどのかわいさがあって、やっぱり、良いです、男の子ママ♡

話が全然本について触れていないけど(笑)、全国の男の子ママさん、この本おすすめです。

 

↓この記事がよかったらクリックしていただけると嬉しいです。励みになります!

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

子育て奮闘中の母ちゃんドクターが書いた 「男の子ママ」の悩みをぶっとばす言葉 [ 須藤 暁子 ]

価格:1,296円
(2017/1/9 00:18時点)
感想(12件)

せつなすぎて途中で一旦読めなくなった「八日目の蝉/角田光代」

八日目の蝉/角田光代

f:id:superbook:20161121103514j:plain

先日のアメトークの「読書芸人」を見て、小説に没頭したくなり手に取りました。

「はじめて」でした。せつなすぎて胸が痛くて、途中読み進めることができなくなった本は。

あらすじは、、、不倫相手の妻が産んだ赤ちゃんを誘拐した女が、その子とともに逃亡する話。後半はその赤ちゃんが大人になり、自分の過去に向き合うというストーリーです。

子を持つ親として、赤子を誘拐なんて、そりゃなにがあってもやっちゃいけないでしょ!と思うのだけど、だんだんとその女の純粋で懸命な姿に感情移入し、追いつめられていく状況にハラハラしてしまいました。


ネタバレになるけど、ついに警察に捕まるシーンでは、涙、涙、涙。(またここが静かに描かれているのがにくいんだよなぁ!)
涙の最高潮は、捕まる際に女が叫んだ一言。
これは物語の後々で出てくるのだけど、何度も読み返し、鼻水だらだらになるまで泣きました。

 現実的に考えたら、いくら愛情もって育てたにしても、子どもの学校とかどうするの?健康保険は?予防接種は?結婚は?とか問題ばかりであり得ないんだけど、色々なことを考えさせられるお話でした。

これは、重松清さんのとんびに並ぶ、MY BEST BOOKになりそうです。

 

↓この記事がよかったらクリックしていただけると嬉しいです。励みになります!

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

八日目の蝉 [ 角田光代 ]

価格:637円
(2017/1/9 00:19時点)
感想(266件)

もっと自分のために生きよう!「嫌われる勇気/岸見一郎・古賀史健」

嫌われる勇気(岸見一郎・古賀史健)

f:id:superbook:20160930161418j:plain

いま、このブログを書いている私のPCには一枚のふせんが貼ってあります。そこには「課題を分ける」の文字。この本から一番感銘を受けた箇所です。

 

本著は、フロイトユングに並び「心理学の三大巨頭」と呼ばれたアルフレッド・アドラーの思想を、青年と哲人の対話形式で書かれています。

第一夜 トラウマを否定せよ
第二夜 すべての悩みは対人関係
第三夜 他者の課題を切り捨てる
第四夜 世界の中心はどこにあるか
第五夜 「いまここ」を真剣に生きる

まず、はじめから衝撃的でした。「トラウマ」なんてものは存在しない、というのです。
著書の中では、何年も自室に引きこもっている友人の話で例えられています。「外に出たい」と思っているのですが、出た途端、動悸がはじまり手足が震えて出られないのだと。これに対して哲人は「外に出たくないから、不安という感情をつくりだしている」というのです。

●青年の考え方
不安だから外に出られない→決定論

●哲人の考え方(アドラー心理学
外に出たくないから、不安という感情をつくりだしている→目的論

つまり過去の経験に今の自分が支配される必要はない!というのです。

「怒りは出し入れできる道具」というのも興味深い所でした。起きた物事自体に意味があるのではなく、自分がどんな意味付けをするかが重要と。これは読んでいて7つの習慣にも通じるものだと感じました。

なにより冒頭で書いた「他者の課題を切り捨てる」が一番感銘を受けました。

他者の期待を満たすために、あなたは生きているわけではない。他者もまたあなたの期待を満たすために存在しているわけではない。

そう思えば、気持ちがすこし楽になります。
行きたくもない飲み会に参加する必要もない、上司がまだ帰らないからと自分も残業する必要もない、場の空気のために同調する必要もない、いい奥さん(旦那さん)と思われるために無理して頑張る必要もない!のです。

あなたがあなららしく、自分のこころに正直にいきること、それで嫌われたとしてもかまわない。自分の価値を認めるのは自分自身であり、他者のために生きているわけじゃないんだから!とエールをおくられているように感じました。

 

↓この記事がよかったらクリックしていただけると嬉しいです。励みになります!

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

嫌われる勇気 [ 岸見一郎 ]

価格:1,620円
(2017/1/9 00:20時点)
感想(385件)

子どもの写真どうしてる?「子どもの写真整理術/OURHOME Emi」

子どもの写真整理術/OURHOME Emi

f:id:superbook:20161027073628j:plain

写真、最後に現像したのいつですか?
わたし、恐ろしいことにかなり記憶にございません…。

iphone、一眼レフ、コンデジ、写真を撮るのは好きなのに、撮りっぱなし。
「容量いっぱいでっせ!」の警告がでた時に、渋々データをバックするのが関の山。
妊娠中のエコー写真からはじめた子どものアルバムも、確か8ヶ月くらいで途絶えたまま、もう2歳。(しかも生後8ヶ月じゃなくて、妊娠8ヶ月ですよ!ヒドイ!笑)


そんなものぐさなわたしでも、一応つくる気はある。
だからこそ悩んでいるのです。「あ〜、アルバムつくらなきゃ〜」と。


でもなにから取りかかっていいかわからないし、どんな風に作ったらいいのかしら?
意を決して取りかかってみたものの、選ぶ時点で悩んでしまい中断。
必殺、一旦放置。なおさら自己嫌悪。あぁ…。

 

そんな私を救ってくれるこの本。
「写真術」とタイトルされているとおり、製作の方法がすべて書かれています。
ポイントは一ヶ月見開き1ページなどと枠を決めて、完璧を求めないことだそうです。
現状の把握からはじまるので、写真のデータに埋もれている人でも、この本に沿ってつくっていけば素敵なアルバムができると思います。
というわけで、わたしもアルバム作り再開しました。

それにしても最近のネットの現像ってすごく安いですね。
フォトブックもこんなに安くでできるんだーってびっくり!

 

写真ってやっぱり手に取ってみてこそ。
子どもの成長はあっと言う間だからこそ、たくさん写真を撮ってきちんと残してあげようと思います!頑張ります!

↓読んでくださってありがとうございます。クリックしていただけるとアルバム作りがますますはかどる気がします!

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

【中古】 子どもの写真整理術 美人開花シリーズ/Emi(著者) 【中古】afb

価格:898円
(2017/1/9 00:21時点)
感想(0件)

慌ただしい現代だからこそ丁寧に暮らしたい「フランス人は10着しか服を持たない」

「フランス人は10着しか服を持たない」

f:id:superbook:20161027014536j:plain

表紙は何度か見かけるけれど、それほど興味を感じず手にとることはない。
なのに、行く先々でなぜかやたらと目に入ってきて、しまいには根負けした気になり読んでしまう。
そんな本ってないですか?
私にとってはこの本がそうでした。

 

読んでみて知ったのです。
「あれ?これ、服の断捨離についての本じゃなかったんだ!」と。

 

概要としては、フランスの家庭にホームステイしたアメリカの子が、そのホストファミリーの暮らしぶりや考え方から学んだ、人生を豊に暮らす秘訣について書かれています。
タイトルにある服10着とは、本当に気に入ったものを大切に使うという話に由来するものです。

 

ふふふ…もちろん感化されやすい私。
この本を読んですぐ、不要な服を思い切りすてました。
香水を久しぶりに買いました。
「フランス人 ファッション」なんて画像検索してみちゃいました。
スカスカなクローゼットが意外と心地いい。
どれもないと困るって思っていたのに、その執着は自分を苦しめていたのね。

良質なものを選ぶって本当に大切なこと。
食べるもの、聞くもの、話す内容。
そして良質をつくることも重要。
掃除、姿勢、身につけるもの。
フランス人みたいな素敵な体型にはなれないけど、気構えだけはパリジェンヌを目指そう!
とテンションの上がる一冊でした。

 

↓読んでくださってありがとうございます。この記事がよかったらクリックしていただけると嬉しいです。励みになります!

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

【中古】 フランス人は10着しか服を持たない パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣 /ジェニファー・L.スコット(著者),神崎朗子(訳者) 【中古】afb

価格:498円
(2017/1/9 00:22時点)
感想(6件)

子育て中のお金の悩みを少し軽く「子どもにお金をかけるのは、やめなさい/横山光昭」

子どもにお金をかけるのは、やめなさい(横山光昭)

f:id:superbook:20161027004637j:plain

 

出産前は朝から晩まで働きマンだった私。
出産を機に子供が小さいうちは一緒にいたいと専業主婦になりました。
毎日はそれなりに幸せだけど、正直、いつも頭の片隅にあるのはお金の悩み。
なんせ収入は減ったうえに、人数が増えたのだから。

教育費っていくら必要なの?
いつまでにいくら貯めておけばいいの?
保険は共働きの頃組んだままでいいの?
老後はいくら必要?
え?1億円?いやいや、ムリムリ!
今は貯金なんてできないよ〜!!!
どうしたらいいの〜〜〜〜!!!!


もう完全パニックになっていた時、この本に出会いました。

 

なるほど、教育費は全額準備できてなくても大丈夫なんだ!
家庭でのお金の教育はこうしたらいいんだ!
保険や貯金はこう考えたらいいんだ!
などなど、一読するだけで少し気が楽になりました。

 

人生に2度訪れるという「貯められない時期」。うちは今はその1回目のようです。
「貯めなくちゃ!」に苛まれていましたが、いさぎよくあきらめて、今は子供との時間を楽しもう。
子育て中で同じようなことで悩まれている方は、ぜひ読まれてみるといいかもです。
 

↓読んでくださってありがとうございます。この記事がよかったらクリックしていただけると嬉しいです。励みになります!

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

【古本】子どもにお金をかけるのは、やめなさい 子育てとお金のバランスを考え直す本/横山光昭【中古】 afb

価格:610円
(2017/1/9 00:55時点)
感想(0件)

プチプラで着回し抜群!無敵のコーデ術「365日のプチプラコーデ/noriko」

365日のプチプラコーデ(noriko)

f:id:superbook:20161004170516j:plain

毎朝何着ようか決めるの、億劫じゃないですか?
サザエさん宅みたいに枕元に明日の服用意して寝られたら、その苦労はないんだろうけど、服が少ない&コーデ考えるの苦手!な私は毎朝一苦労です。
子供と一緒に走り回るので動きやすさ&汚れても大丈夫が第一条件だし、気づいたら月水金同じコーデだった!なんてこともあります。(ひぇ〜!)

 

これじゃいかん…ダサいおばちゃんになってしまう…とわらにもすがる思いで手にした本。
なんてったて「365日のプチプラコーデ」ですよ!
この本の通りに着回したら、365日ストレスフリーな朝を過ごせる!しかもプチプラで!なんて依存しまくって買いました。

 

そして!買って良かった!です!
も〜、各ページからキラキラおしゃれシャイン(?)が輝いていて、読みながらワクワクしてきました。
365日分のコーデはないものの、春夏秋冬それぞれのコーデが豊富に載っているし、さすがプチプラと謳うだけあってオールユニクロで一ヶ月着回しした企画も「春夏編」「秋冬編」と載っています。
全部写真掲載なのですごくわかりやすい!
おしゃれのポイントや小物の使い方も勉強になる!
なになに?首・手首・足首を見せるとすっきりあか抜けてみえるの?!
つまらない物ほど活躍するの?!フムフム…。

 

朝この本を開けば、方向性や色使いなど参考になると思う!

それに、服を買う時にも重宝しそう。
私はよく「これかわいいな」と思って買って帰ったら、手持ちの服に合わなくて結局お蔵入りになっちゃうことがあるんだけど、この本があれば買い足すべき服がわかるから、無駄な買い物がなくなりそうです。

 朝のコーデを決めるのに困っている方や、おしゃれを学びたい方、前夜に枕元に服を用意しない方におすすめです!

 

↓読んでくださってありがとうございます。この記事がよかったらクリックしていただけると嬉しいです。励みになります!

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

365日のプチプラコーデ [ のりこ ]

価格:1,296円
(2017/1/9 00:24時点)
感想(129件)

子育てママ達よ、もっと自由になろう「VERY 2016年10月号/KOBUNSHA」

VERY 2016年10月号(KOBUNSHA)

f:id:superbook:20161004165142j:plain

 

「いい母親の定義なんて誰が決めた?
囚われているのは自分自身かもしれない…」
表紙のコピーが目に…いや、胸に飛び込んできた!ビビビッ!!!

 

 正直に話すと、私はかつて自分を犠牲にすることが母親の務めだと勘違いしてた。
趣味、仕事、生活、時間、お付き合い。
我慢すれば我慢するほど、あぁ私、いま母親やってる!って自惚れていたのかもしれない。

 

そんな考えと生活が自分をグッタリさせた時、ふと思った。
「自分が息子の立場なら、これで嬉しいだろうか?」

 

自分のために我慢我慢って…嬉しい?
私ならお母さんも自分の人生を楽しんで最高の笑顔でいてほしい!と思った。

 

もちろん、子供のために自分のあらゆるものを捧げることは大事だし幸せだし当然です。
だって親だもの。
だけど子供がある程度育ってくれたら、自分も楽しく過ごすための工夫が必要だと思うのです。

 

私はこの間ある資格を取ったんだけど、その勉強をしてる時間がすごく楽しかった!
まとまった時間がとれないから、子供の睡眠中やドライヤーの間に片手で問題解いたり。
ハードだったけど、なんだかワクワクしてたし充実感があった。

(この向学心が学生時代にあったら今頃ノーベル賞だったのに!)

 

夫も快く応援してくれたし、結果合格できたし、結局制限を設けてるのは自分なんだなーって思った。
それにハードな勉強生活も、子供がいてくれるからこそ頑張れたんだと思う。

 

これからは「子供がいて出来ない」より「子供がいてくれるからこそ頑張れる」にベクトルを変えよう。

息子ももう2歳だし、私がいなくても大丈夫な時間も長くなったし、ぼちぼち自分の時間を確保するようにしよう。

「私」を生きて子供と向き合おう。

 

そんな事を考えながら雑誌をめくったら、読モのママ達がキラキラすぎて眩しかった。
私、まだ豆電球。
野球場のナイター設備ぐらいの輝きを目指します!

 

 

↓長々読んでくださってありがとうございます。この記事がよかったらクリックしていただけると嬉しいです。励みになります!

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

私もはじめます!はじめての人のための3000円投資生活/横山光昭

はじめての人のための3000円投資生活/横山光昭

f:id:superbook:20161001002720j:plain

著書やメディアで大活躍の、家計再生コンサルタント横山氏の最新書です。(2016年9月現在)
さすが横山さん!投資という難しいテーマをとても分かりやすく書かれており、1時間足らずで読むことができました。

 ●本の紹介

家計再生コンサルタント横山氏(ファイナンシャルプランナー)による、投資入門本。
おすすめの3000円積立投資法をはじめ、さまざまな金融商品の説明やなんとリスクまで明記してくれています。

「投資」や「金融商品」と聞くと、なんだか難しそう…と思ってしまいますが、横山氏の噛み砕いた説明はとても分かりやすく、初心者でもサラっと読めてしまえると思います。
なかでも本著ですすめている3000円積立投資法は、これまで投資経験のない人や貯金がなくても簡単にはじめられるというもの。買うべき商品までもう書いてあるので、このまま口座開いて買ってしまえば、あとは増えていくのを待つのみという。

これまで横山氏の元に家計相談にきた1万人のうち、約4000人がこの投資法で成功しているそうです。 (※とはいえ投資にリスクはつきものなので、かならず増えるとは限りません。)

●感想

まずはこの3000円積立から投資をはじめて、慣れてきたり家計に余裕が出てきたら額を増やし資産をつくりましょうという話です。
とにかく分かりやすく、読みやすい!
3000円という設定金額もまた絶妙です。これは横山氏がこれまでの相談経験を踏まえ、あまり怖さを感じず投資できる額、貯金しながら無理なく投資をスタートできる額だそうです。確かに月々3000円ならやってみよう!と思えますよね。

それにもう買うべき商品まで書いてあるので、とにかくやってみようとい人にはとても分かりやすいと思います。

また、その他の金融商品や保険などについても説明とリスクが書いてあるので、ひとまず概要を知りたいという人にも勉強になると思います。
私は投資に多いに興味が有り、これまでもいろいろな金融商品を調べてきましたが、当然証券会社など売り手はそのうまみを主にアピールしてきます。それに対し横山氏は「○○はやめた方がいい」とハッキリ書いてあるのに驚きました。いろいろとオカドが立ってしまうかもしれないのに…。

 

●まとめ

とにかく読みやすいので、投資ってよくわからないけど興味ある。ちょっと勉強してみたいという人はぜひおすすめです。入門本なのですでに投資をしている人には少し物足りないかもしれません。

私はお金とは「選択肢を増やしてくれるもの」だと思っています。おいしいものを食べる、好きなところに行く、やりたいことをやる、お金があれば多くの選択肢の中から選ぶことができます。

だけど、満足いく人生をおくるためには、いったいいくら必要なんだろう。老後は暮らしていけるだろうか、お給料これから増えるのかなとなんとなくの不安に取り憑かれています。
そんな私に横山氏は語りかけてきます。「あなたは人生で何がやりたいのですか?」と。

なにがやりたいかが明確になれば、いくら必要かもわかってきます。
この本は資産を増やすことを目的とする一方で、自身の人生を見つめ直し、自制を養ってくれる効果もあるようです。

というわけで、私も積立投資はじめてみます。この本の銘柄にするかは未定。
当然元本割れするリスクもありますが、気長に続けてみたいと思います。

 

↓長々読んでくださってありがとうございます。この記事がよかったらクリックしていただけると嬉しいです。励みになります!

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

はじめての人のための3000円投資生活 [ 横山光昭 ]

価格:1,188円
(2017/1/9 00:27時点)
感想(36件)

そりゃお金持ちになりたいよ!「確実に金持ちになる『引き寄せの法則』/ウォレス・ワトルズ」

確実に金持ちになる「引き寄せの法則」(ウォレス・ワトルズ)

f:id:superbook:20160927162314j:plain

…怪しげですか?笑
私、嫌いじゃないです!かといってガッツリ信じてるわけでもない。ただ、書かれていることと、実際に自分が経験してきたことが重なってたりするので、まんざら嘘じゃないのかな〜ぐらいの軽い気持ちで向き合っています。

引き寄せの法則に関する本や、派生した本は多数あれど、正直言っていることはほぼ一緒だなぁという印象。そんな中でこの本は、引き寄せの法則の根本的な原理について書かれています。

なので引き寄せの法則についてすでに知っている人には、目新しい感はないかも。だけど無駄のない教科書的な内容なので、基本をおさらいするという意味ではもってこいだと思います。私もなぜ感謝が願いを伝えてくれるのかについては、どの本よりも納得できました。他と読み比べてこそ良さが分かるんですね。

引き寄せの法則ってなに?って人にもおすすめです。“なんかあやしい”、“宗教っぽい”と最初は抵抗があると思う!私もそう思ってました!けど意外と理路整然と書かれているので、なるほどねってすんなり入ってきましたよ。面白半分くらいでいいと思います。

この本を読んでからってわけではないのですが、私には思い当たることが時々あるので(そのくせにまだ信用してない頑固者ですが…笑)、かなったらいいな〜ぐらいの気持ちでこれからもいこうと思います!

 

↓この記事がよかったらクリックしていただけると嬉しいです。励みになります!

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

確実に金持ちになる「引き寄せの法則」超実践版 [ ウォレス・D.ワトルズ ]

価格:1,188円
(2017/1/9 00:28時点)
感想(0件)

おもしろさ以上に作文の勉強になりそう!「教場/長岡弘樹」

教場(長岡弘樹

 f:id:superbook:20160927150829j:plain

 普段あまりミステリー小説を読まない私が、添えられていたポップを見て買わずにいられなかった。「すてが伏線、一行も見逃すな」と。

警察学校を舞台にした連絡短編集です。も〜、あまりの陰湿さに鳥肌立てながら一気に読んでしまいました。ネタバレになるので詳しくは話せませんが、ヘッドホンの話は…思い出してもギャーって感じ!

しかしながらストーリー以上に感服したのは、文章が非常に読みやすいということ。言葉の選択や表現がとっても簡潔&的確なので、読み手は情景を想像しやすく物語に没頭できるのです。そんなの当たり前と思われるかもしれないけど、これって意外と難しいんです!
作家さんによっては独特の言い回しを多用したり、技術があるだけに凝った表現にこだわりすぎたり…。もちろんそれは個性でもあるので悪いとは思いません。だけど、読み手がそれを求めていない場合には「ん?この言葉さっきも出てこなかった?」とか「これどういう意味だっけ?」と、そっちに気に取られてしまうわけです。
一度でも頭に「?」が浮かぶと、せっかく流れていたストーリーが中断してしまいます。TVでいうとおもしろいところでCMが入ってしまうようなもの。なので「読みやすい文章であること」は、ものすごく大切なんですよね。

この点については私もライター時代、とにかく厳しく言われていました。そもそも商業広告のコピーなんて、“まず読んでもらえない”のが前提なので、いかに読む気にさせるか、そして読み進めてもらえるかはかなり苦心したところでした。

話が脇道にそれてしまったけど、そういう点でこの本は作文の勉強にもなりそう!繰り返し読みたいと思います。

 

↓この記事がよかったらクリックしていただけると嬉しいです。励みになります!

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

教場 [ 長岡弘樹 ]

価格:680円
(2017/1/9 00:29時点)
感想(6件)

夢中で読み上げた「太陽のパスタ、豆のスープ/宮下奈都」

太陽のパスタ、豆のスープ(宮下奈都)

f:id:superbook:20160926005714j:plain

ご注意ください。読むとルクルーゼの鍋が欲しくてたまらなくなります。笑
作者が主婦だからなのかな〜。随所に日々の、誰かのためにつくる料理への愛情がちりばめられていて、普段料理がめんどくさいと思いがちな私も、「たまにはじっくりテールスープなんて煮込んでみるかな〜」なんて柄にもないこと考えてしまう魔力があります。「羊と鋼の森」も有名な宮下奈都さんの作品です。

あらすじ
結婚式直前に婚約を解消されてしまった明日羽(あすわ)。失意のどん底にいる彼女に、叔母のロッカさんが提案したのは“ドリフターズ(やりたいこと)・リスト”の作成だった。自分はこれまで悔いなく過ごしてきたか。相手の意見やその場の空気に流されていなかっただろうか。自分の心を見つめ直すことで明日羽は少しずつ成長してゆく。自らの気持ちに正直に生きたいと願う全ての人々におくる感動の物語。

 

もうですね、読みながらこれ私のこと?!と勘違いしちゃうほど明日羽に感情移入しちゃいました。あぁこんなこと考えているの私だけじゃなかったんだなぁって感じ。一気に読み上げました。

ただ、個人的にはキーパーソンとなるロッカさんについてもう少し踏み込んでほしかったかなという気持ちも。かなり個性的に描かれているだけに、もう一山あるかなと期待したまま終わってしまったので少し物足りなさを感じたのが正直なところです。つまりそれほどのめり込んでしまうおもしろい作品でした。

 

↓この記事がよかったらクリックしていただけると嬉しいです。励みになります!

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

太陽のパスタ、豆のスープ [ 宮下奈都 ]

価格:540円
(2017/1/9 00:29時点)
感想(4件)

本選びが楽しくなる本「夢中の小説/BRUTUS」

BRUTUS 20161/1.15合併号(マガジンハウス)

 

f:id:superbook:20160925005939j:plain

毎度名企画連発のBRUTUS様!
本好きにこの手の特集は必買です!

こんなブログを公開しておきながらですが、人に自分の本棚見られるのって恥ずかしくないですか?わたし、むちゃくちゃ恥ずかしいです。いや、いかがわしい本なんてないですよ!ただなんか頭の中が丸見えになっちゃう気がして、「あ〜この人こんなこと考えてるんだ〜」とか思われるんじゃないかって、どうも抵抗があるんです。

のくせに、他の人がどんな本を読んでるかってすごく気になる。笑
だからこのブルータスのように、有名人や本屋の店員さんがお気に入りの本を紹介してくれる企画は、私にとって「次何読もうかな〜」ってワクワクの宝庫。レストランでメニューを眺めているようです。あ〜、もうよだれヨダレ!

とってもかわいらしい女優さんが意外とハードな本を好んでたり、その逆のパターンもしかりでとっても楽しい!自分と同じ本を好きな人は親近感を覚えてみたり、本ってその人の表現でありコミュニケーションのツールでもあるんですね。

好きな有名人の方が紹介している本は、だいたい読みます。あと、人に勧められた本も、できるだけ読んでみることにしてます。自分で選ぶと偏ったチョイスになりがちなので。また新しい世界が開けて新鮮なんですよね!

ところで、このブルータスのコピーがまた素晴らしい!「役に立つかは気にせず、とにかく楽しい小説特集」。あぁ!小説読もう!

 

↓この記事がよかったらクリックしていただげると嬉しいです。励みになります!

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

BRUTUS (ブルータス) 2016年1/15号 【特集】 夢中の小説。[本/雑誌] (雑誌) / マガジンハウス

価格:650円
(2017/1/9 00:30時点)
感想(0件)