読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもしろかった!を伝えたい。読書感想・書評ブログ

実際に読んでおもしろかった本を紹介しています。

子育て中でも自分の生き方も大切にしたい「子育てママの起業の仕方教えます。/井上幸子」

子育てママの起業の仕方教えます。/井上幸子

f:id:superbook:20170106161008j:plain

久しぶりの投稿となりました。
明けましておめでとうございます。
2017年も年間100冊読破を目指して頑張ります!

さて、去るクリスマス。
息子がのど風邪をひき当番医に行ったところ、たくさんの親子が順番を待っていました。
特に人気の小児科だったたからか、受診できるまでなんと2時間!
病院側の配慮で車の中で待たせてもらえたため、息子は爆睡。私もこの本を読んだりぼーっと外を眺めながら時間を過ごすことができました。

他の車が出入りするのを見ていると、小雨で凍えるような寒さの中、子供を抱いて受付に走るおかあさん・おとうさん方。みんな必死に子育てしているんだなぁと胸が熱くなりました。

私が住んでいる地域はある程度子育てに寛容な環境ですが、やはり子を持って働くことの難しさを痛感しています。
「働きたくても、働けない。」
この言葉に尽きると思います。

しかしながら!嘆いていても仕方がない!
仕事、自分でつくっちゃえ〜〜〜〜!!!!
と、頑張って一歩踏み出したママさん方がいるのも事実。

この本には井上さんのお話だけではなく、起業したママさん方の経験談も載っていて、とっても勇気づけられました。

 

私はいつも子育てをしながら思うのですが、お母さん(もしくはお父さんな家庭もあるかもしれない)は子供という大切な命を預かるのだから、何より子供のことを優先して当然だと思うのですが、やはりお母さん自身も大切にされなければ、余裕のある心で子供に向き合えなくなると考えています。

ある大人気の保育園の先生がおっしゃっていました。
「自分も大切にされなければ、相手のことも大切にできない」と。
今保育士不足や過小な待遇が問題になっていますが、この園では園児同様、働くスタッフみんなもとても大切にされているそうです。
それはひいては保育環境が良くなり、子供も喜び、親御さん達も安心して働き、社会の生産性が上がり、好循環が産まれるのだと思います。

(個人的な意見として、わたしは保育士さんの待遇はもっと良くするべきと思います!あの労力と責任に対して、お給料安過ぎ!保育は単なる子守りじゃないし、何よりこれからを担う日本の宝を育ててくれているのだから!)

 

話が少し逸れてしまいましたが、お母さん達も子供のことだけでなく、自分自身のやりたいことが少しでも出来ればいいなと思います。自分の将来、自分の目標。自分の時間、自分の世界を持って、より豊かな心で子供を包んであげられたらいいなと思います。
そんな社会をつくっていくのは私たち自身。
私も自分の人生を楽しみながら、最高の笑顔で子供に向き合いたいと思います!

 

↓この記事がよかったらクリックしていただけると嬉しいです。励みになります!

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

子育てママの「起業」の仕方教えます。 [ 井上 幸子 ]

価格:1,404円
(2017/1/9 00:17時点)
感想(0件)